歯っぴぃコラム

■2号 ■2008年12月4日



 定期チェックがお口の健康を守ります
歯科では治療終了後、一定期間を経過した頃にお口の状態をチェックすることをお勧めするご案内(リコー
ルと言います)が行われます。
これはプロによるケアを定期的に受けていると、お口の健康を維持できることが分かっているからです。



定期チェックを受けている方は、悪くなる前に病気が発見され、必要以上に歯を削る必要がありません。

結果的に自分の歯をたくさん残すことができます。

定期チェックをしない方は、治療したところが悪化したり、詰めたところは悪くなり詰め物が被せ物になるなど、

以前よりさらに大きな治療が必要になることもあります。

特に歯周病の方は、少し目を離すと悪化しやすく元の状態に戻すのが大変です。




せっかくの治療を無駄にしないためにも、そして、ご自分の歯とお口の健康を守り一生自分の歯で過ごす

ために、定期検診とプロによるお口のケアをお受けください。