携帯用サイト







ホワイトニング


ホワイトニング

当医院ではホワイトニングは
*ホームホワイトニング
*オフィスホワイトニング
を、行っております。

ホームホワイトニング
ホワイトニングには大きく分けて2種類ありまして

1つは、歯の汚れや着色を除去して、ご自身の歯本来の色に戻す、いわゆるクリーニングを行うホワイトニングと
もう1つは、生まれつき歯の色味が強かったり先天的な着色がる場合、薬液を使って漂白することによって歯を白く美しくするホワイトニングとあります。

今回は、後者の、薬液で漂白するホワイトニングについて書いてみようと思います。

現在あやべ歯科クリックで行っているホワイトニングは、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングとも、NITEホワイトエクセルという薬を使っております。ホワイトニングの先進国、アメリカで最もポピュラーなホワイトニングシステムです。
主成分は過酸化尿素で、日本ではじめて厚生労働省から認可された新しいホワイトニングシステムです。
この過酸化尿素により、今まで困難とされていた着色歯面のホワイトニングも可能になりました。

あやべ歯科クリニックでは、ホワイトニングはホームホワイトニングを推奨しています。
医院で作成した患者さまに合わせたマウストレーにジェルを用いて、1日最長2時間使用することにより、素晴らしい効果を得ることができます。
個人差はありますが、2週間で輝くような白い歯になります。
(お時間の無い方には、レーザーを用いるオフィスホワイトニングもございます。)


治療の流れ

*診査と説明
*1日目
ホワイトニングは、基本的には失活歯にはあまり効果を期待できません。
診査をして、失活歯、レジン充填、フルの補綴があった場合はなどは、適応症と注意点をご説明します。
適応症と説明が終わって、問診を行って、十分に説明に納得がいけば治療開始です。
マウストレー作成のための型をとりま。

*2日目
マウストレーが出来上がってきたら、口腔内写真(シェードガイド)PMTCの後、使用説明を行い1週毎の検査の説明があります。
使用方法はマウストレーにジェルを1滴ずつ入れて装着します。1日2時間を限度に、時間の超過に注意してください。
また、ホワイトニング中は色が入りやすいため、着色性のある食べ物や(カレー等)飲み物(ワイン、お茶、紅茶、コーヒー等)喫煙を控えるようにしていただきます。当医院ではアメリカで特許のあるホワイトニング用の歯磨剤『スーパースマイル』のご使用をを薦めします。

*一週間ごと
口腔内写真撮影
副作用がないかの確認
その後
歯の治療が必要な時は説明してレジン修復や審美回復を行います。


初めてホワイトニングされる方にお勧め
初回キット



・NITEホワイトエクセルジェル・・・4本
・患者さまに合わせて作成したマウストレー(上下)
・マウストレーケース
・ポーチ
・上下前歯のクリーニング(当医院では、歯を傷つけない「クイックジェット」を用い、機械的に歯のお掃除をしております)
・口腔内写真
42000円(税込)


追加ジェル
1本5250円(税込)

ホワイトニングQ&A

*どんな人でもホワイトニングは可能でしょうか?

ほとんどの場合可能ですが、効果があまりない方もいます。


*安全に使用することはできますか?

過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多く研究と臨床例が報告されており、歯科医師の指導のもと正しく使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用できます。


*歯が白くなるまでにどのくらいの期間が必要ですか?

個人差がありますが、2週間続けることによって効果がはっきりします。


*副作用はありませんか?

一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。その場合も治療を中断することにより症状が軽減や焼失しますので、安心してしようできます。


あやべ歯科クリニックの場合は、症状によっては中断もありますが、まずはスーパースマイル、MIペースト使用で様子を見ていただきます。


*効果はどのくらい持続するのでしょうか?

個人差もありますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェインやたばこなどの着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による審査や診断を受け、継続的に使用してください。

症例

Tさんの主訴は「歯を白くしたい」でした。

初診では、歯の色は、「シェードガイドのA3」でした。まぁ、とくに黄色いわけでもない普通の色、ノーマル色味じゃないかと思います。左上1番は失活歯でレジン充填のため変色を起こしていましたから、この歯が特に気になると言うことで、当初は左上1番のみを補綴する計画でした。

シェードガイドA3を合わせているところ(初診時)

シェードとは色の明るさや色調をいいます。通常ビタシェードといって下のようなものを基準に色あわせを行います。右から左に行くにしたがって明るさ(明度)が増します。

また、色の明度は図参照で。右に行くほど白く感じます。

日本人の平均はA3~3.5

アメリカ人でA2~3と言われています。Tさんの場合、上の写真でシェードガイドを合わせてA3であると確認できます。

まず、歯を白くすると言うことよりも歯石取りなどをして歯肉を健康にすることや、ブラッシング指導で自分でお口の健康管理ができる状態にするところから治療を開始しました。歯石取りが終わり、ブラッシングもほぼ合格点!になったところで、再びTさんにホワイトニングの意思があるかどうか確認しました。ぜひもっと白くしたいと言うことでホワイトニングを開始しました。

あやべ歯科クリニックでは「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」と行っておりますが、現時点でホームホワイトニングの方が後戻りしにくいと判断いたしまして、ホームホワイトニングをお勧めしております。まず、患者さまに合わせたトレーを作成するための型取りをします。1週間前後でトレーが完成いたしますので、そこでホワイトニングの薬液をお渡しし、専門のスタッフから取り扱いの注意点ややり方を説明して自宅でのホワイトニング開始です。

期間は上下同時にする場合は3週間。1日2時間程度トレーに薬液を満たしお口の中に装着していただきます。テレビを見たり料理をしたりお掃除をしたり。。。ホワイトニングされた方は最初は2時間長く感じたそうですが、慣れるに従い時間を有効に使えるようになったそうです。

味や刺激はほとんどありません。1週間に1度通院していただきチェックしていきます。Tさんは上下別々に行いましたので計6週間かかりました。

ホワイトニング後左上1番を形成し、TEK(仮歯)を装着しました。このTEKはノーマルな色で作成しますので(1色のみです)A3で作成しています。TEK装着後。写真ではわかりにくいのですが、A3のTEKとご自身の歯の色がずいぶん違います。ご自身の歯はかなり白くなっていました。

こちらの写真は、右がA3のTEK左がA1のエステニアクラウンです。

Tさんはホワイトニング後歯の色がA1になりました。

余談ですが、エステニアクラウンはポーセレン粒子とレジン粒子を混ぜた材料で作ったクラウンです。ポーセレンとレジンの長所を持っています。

治療終了!

左上1番にエステニアクラウンを装着し治療完了です。

あとは、この状態を維持するために3ヶ月毎のメインテナンスに入ります。歯石取りとブラッシング指導は保険を使って行いました。