歯っぴぃコラム

■4号 ■2008年12月11日




妊娠が分かったら、歯の健康診断を受けましょう


「おめでとう」のその日から


「妊娠前に治療が終わっているから・・・」と、手入れを怠っていてはまたむし歯になったり、歯茎が悪くなったりします。妊娠中は正常時と異なる体の変化があります。


妊娠中におこりやすいお口の中の変化


妊娠性歯肉炎

歯肉の腫れが妊娠初期に始まり、出産後自然によくなることもあります。

はっきりした原因は不明ですが、エストロゲン(ホルモン)の増加など内分泌液が関係しているいう説や、妊娠時に「つわり」などのために口の中が不潔になるためというような説があります。


いずれにせよ、歯ブラシを当てて口の中を清潔にして、歯科医院を受診して歯垢や歯石などを取り除くことが1番の治療です。


妊娠中のう蝕(むし歯)

これも第一の原因は、「つわり」などのために口の中が不潔になるためと考えられます。

その他にホルモンの変化や、唾液のPhが変化し口の中が酸性化するためや、ビタミン不足など様々なことも考えられています。やはり、歯肉炎と同様に口の中を清潔にしておくことが重要です。

適切な時期での(安定期での)治療が必要です。

甘いものや間食後は、できるだけ歯ブラシで清潔にしましょう。


妊娠性エプーリス

妊娠腫ともいわれ、妊娠期期間中に内分泌液の複雑な変化により、特異的に歯茎の一部が増殖して、コブのようなものを作ることがあります。上の前歯や舌の奥歯に出来やすく、妊娠中に何度も同じところにできたりします。

良性なので心配はありませんが、歯科医師とよく相談してください。



その他妊娠中は口の中にいろいろな変化が現れます。おなかの赤ちゃんに対する心配りももちろん大切ですが、自分の口の中を常に清潔にして、規則正しい生活を送るように心掛けてくださいね。


妊娠中のQ&A


Q.歯科医師に妊娠していることを告げましたが、治療することになりました。

歯のX線検査や麻酔は大丈夫ですか?

A.

歯の局所麻酔やX線検査は心配ありません。妊娠中に治療しておきましょう。
歯の治療は、安定期と言われる妊娠16週〜27週が適していると言われています。この安定期に治療を済ませるといいでしょう。
歯科医師が処方する薬や局所麻酔は、あなたが妊娠していることを歯科医師が把握していれば心配ありません。また歯科医院で使われるX線撮影の放射線量はごくわずかなため心配いりません。
念のためX線撮影は、必要がある場合だけ行われています。

Q.胎児が薬の影響を受けやすいのは妊娠初期と聞きました。
どんな影響が出るのか教えてください。
A.
妊娠4週〜7週末までは、薬の影響を最も受けやすい時期です。

妊娠初期でも、特に注意が必要なのは、中枢神経をはじめ、赤ちゃんの体の大事な器官が作られる妊娠4週〜7週末です。この時期に赤ちゃんの体に影響を及ぼす薬もあります。
ただ、赤ちゃんに影響を及ぼす薬の種類はごくわずかです。
この時期に薬を服用するとき、または既に服用してしまった薬が心配な時は、必ず産婦人科に相談しましょう。
歯が痛くても、自己判断で使うのは×。根本的な歯科治療を受けましょう。

Q.つわりがひどくてほとんど食べられません。
赤ちゃんの歯ができる時期だと聞いて心配です。
Q.妊娠中にカルシウムを取ると、歯の強い子が生まれますか?
A.
つわりのひどいときは、産婦人科で相談してください。
つわりと赤ちゃんの歯の芽ができる時期と重なっても、それだけで赤ちゃんの歯に影はありません。
ただし、食べられない状態がずっと続くと、弱い歯ができたり、顎の成長が不十分だったりします。

また、歯はカルシウムだけではできません。たんぱく質やリン、他のミネラルなどのバランスも大事です。
カルシウムをたくさん取るよりも、偏らない食事を心がけましょう。


最後に。。。

もうあなた一人の体ではありません。

『たばこ』について考えてみませんか?


妊婦さんがたばこを吸うと、肺から吸収されるニコチンや一酸化炭素の影響で、血管が収縮して血液の流れが悪くなります。
すると子宮が収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下して、流産や早産、前置胎盤や常位胎盤早期剥離といったトラブルが起きやすくなります。

また、赤ちゃんに必要な酸素や栄養が行き渡らなくなり、低体重児になったり、知能の発達や成長が遅れる可能性もあります。

また、妊婦さん自身がたばこを吸わなくても、家庭で夫が吸う場合もあるでしょう。たばこの煙には、喫煙者が吸う主流煙と、たばこの点火部分から出る副流煙がありますが、この副流煙には主流煙の50〜100倍の濃度の有害物質が含まれています。

たばこの煙がおなかの赤ちゃんを苦しめていることを説明して、ご主人にもこの機会に禁煙してもらうといいですね。