電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

小児歯科

歯医者が嫌いにならないように
優しい治療を心掛けております

「乳歯はどうせ生え変わるから大丈夫」なんて思っていませんか? それは間違いです!

 乳歯は弱い

お子様をお持ちの方の多くは、
「乳歯はどうせ生えかわるから、むし歯になっても大丈夫」
と思っていらっしゃいますが、
実は子どものむし歯は将来の生活に大きく影響します。

乳歯が健全で正しく治療されているかということは、
後の永久歯の歯列だけでなく、
大事な成長期の体の発育にまで関係しています。

また、永久歯が先天性に欠損していることがあります。
その場合は、乳歯は永久歯に生えかわりません。

ですので、永久歯の卵(歯胚)が確認できるまで、乳歯を特にケアする必要があります。

乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすい!

乳歯が永久歯に比べてむし歯になりやすい原因にはいくつかの理由があります。

乳歯は弱い

乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすい!

永久歯は一生使う歯ですが、
乳歯は永久歯が萌えてくるまでの歯です。

永久歯よりも歯の構造が簡単になり、
むし歯になりやすく、痛くもなりやすい歯です。

乳歯は永久歯がきれいに萌えるために必要な歯

乳歯の奥歯は、その下から萌えてくる永久歯よりもサイズが大きいのをご存知でしたか?

その理由は、その下から萌えてくる永久歯のための隙間を確保しているからです。

乳歯を早くに喪失すると永久歯がきれいに並べることが出来なくなってしまいます。

乳歯は歯垢がたまりやすい

お子様は、一人で上手に歯磨きができないため、歯垢がたまりやすいです。

また、子どもの好きな食べ物には粘着性があるため、
むし歯菌が酸をつくりやすいことも原因のひとつです。

むし歯予防

フッ素

フッ素

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、
むし歯菌に対して脆弱なものでます。
フッ素を塗布することで、
むし歯になりにくい強い歯質を作ります。 (1回550円)

シーラント

シーラント

特にお子様にとって、むし歯は大敵です。

しかし歯の間や歯と歯肉の境目、
そして歯の溝に関しては、
どうしてもむし歯が発生しやすい傾向があります。

幸い現在では「シーラント」が普及しています。

奥歯の溝にこのシーラントを埋め込むことで、
歯垢がたまらないようにすることができます。

※ シーラントは人工的な歯科材料でつくられており、取れてしまうこともあります。
定期健診でシーラントの状態をチェックしましょう。

子どもの頃から歯医者さんに通うことが大切です!

子どもの頃から歯医者さんに通うことが大切です!

小さなお子様に対しては、
「最初が肝心」だと考えています。

歯科医院は怖くない場所と認識してもらえれば、
通院や治療も自然と行えます。

初回は、医院の設備やスタッフにゆっくりと慣れてもらうことを大切に考えています。

当院では、家庭用のペーストの販売も行っております
子どもの頃から歯科医院に定期的に通う習慣を付けておくと、
歯科医院へ行く事への抵抗がなくなっていきます。

そうすることで、自分の歯に対する意識が自然と上がり、
大人になってからも「自分の歯を大切にしよう!」
という気持ちを持ち続け、健康なお口を保つことにつながるのです。

安全で楽しい場所だと認識してもらえるような
医院づくりを目指しております。

※ 当院では、家庭用のペーストの販売も行っております



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0986-38-8668へ

診療時間
9:30~12:00
14:00~19:00
/
/
/
/
/
休診日:日祝日・木曜午後  △…土曜午後 14:00〜18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
あやべ歯科クリニックの外観
フッターオファー
© 2021 あやべ歯科クリニック